ホープフルステークス(G1)傾向を探る

ホープフルステークス(G1)傾向を探る


2018年12月28日5回中山9日目
第35回ホープフルステークス(G1)中山芝2000m 2歳

ホープフルSは、2歳オープン特別として
行われていましたが、2014年から2歳戦中距離拡充に伴い
ラジオNIKKEI賞2歳S(阪神芝2000m)を名称およびコースの変更、
G2格付けで行われ、2017年からG1へ昇格。

ホープフルSは2008年~2013年のラジオNIKKEI杯2歳Sと
2014~2017年のホープフルSを合わせて過去10年のデータで見ていきます。

■ [人気別の傾向]

1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (2-2-4-2)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (2-1-0-7)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (1-3-4-20)
10人以下(0-0-0-52)

1・2番人気馬が好成績。
10番人気以下の連対はないですね。


■[単勝オッズの傾向]

1.0~1.9倍 (3-2-0-0)
2.0~2.9倍 (0-0-1-1)
3.0~3.9倍 (0-1-3-3)
4.0~4.9台 (2-0-0-2)
5.0~6.9倍 (2-3-1-3)
7.0~9.9倍 (1-0-0-7)
10.0~14.9倍(2-0-1-12)
15.0~19.9倍(0-0-0-7)
20.0~29.9倍(0-2-2-11)
30.0~49.9倍(0-2-2-12)
50.0~99.9倍(0-0-0-15)
100倍以上  (0-0-0-37)

穴馬の台頭が多いものの注目は
単勝50倍以上の馬は連対していない事に注目!!


■[所属の傾向]

美浦(3-3-1-30) 8.1% 16.2% 18.9%
栗東(7-7-9-77) 7.0% 14.0% 23.0%
地方(0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%


関西馬の活躍が目立つもののデータ的に差異はない。


■[性別の傾向]

牝馬  (0-0-0-7)
牡・セン(10-10-10-103)

過去10年牝馬は馬券に絡んでいません。


■ [枠番の傾向]

1枠(2-0-1-12)
2枠(2-0-0-13)
3枠(0-1-0-15)
4枠(1-2-3-13)
5枠(2-2-0-14)
6枠(2-1-2-14)
7枠(1-3-2-14)
8枠(0-1-2-20)




■まとめ
==================

 比較的人気馬の連対が多いレース。
 
 単勝50倍以上では連対なし。

 前走重賞だった馬で当日2番人気以内に注目。

 


 親父の予想はレース当日にお届けします。


競馬ランキング



この記事へのコメント