京成杯(G3)傾向を探る

京成杯(G3)傾向を探る

こんにちは

孤独の馬券親父です。
今日は京成杯の過去傾向を見ていきたいと思います。

2019年1月14日1回中山5日目
第59回京成杯(G3)中山芝2000m 3歳 別定



■ [人気別の傾向]

1番人気 (3-3-1-3)
2番人気 (3-1-2-4)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (2-2-0-6)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (1-3-2-24)
10人以下(0-0-1-57)

1番人気の複勝率が70%ある傾向。

7~9番人気が意外と頑張っている。
穴のレンジはここかな。



■[単勝オッズの傾向]

1.0~1.9倍 (0-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-1-2)
3.0~3.9倍 (2-1-0-0)
4.0~4.9台 (2-3-2-1)
5.0~6.9倍 (2-0-1-13)
7.0~9.9倍 (1-2-2-10)
10.0~14.9倍(2-2-0-7)
15.0~19.9倍(0-0-2-11)
20.0~29.9倍(0-1-1-19)
30.0~49.9倍(0-0-0-18)
50.0~99.9倍(0-0-1-21)
100倍以上  (0-0-0-16)


■[所属別の傾向]

美浦(5-5-7-83) 5.0% 10.0% 17.0%
栗東(4-5-3-35) 8.5% 19.1% 25.5%
地方(1-0-0-0) 100.% 100.% 100.%

■[性別の傾向]

牝馬  (2-1-2-7)
牡・セン(8-9-8-104)

京都芝好走歴のある馬に注意。
牝馬も軽視できませんね。


■ [ハンデの傾向]

49kg以下(1-0-0-1)
50kg  (0-0-0-4)
51kg  (0-0-0-2)
52kg  (1-0-4-13)
53kg  (0-1-0-17)
54kg  (2-1-0-27)
55kg  (3-2-0-16)
55.5kg (0-0-0-0)
56kg  (1-6-3-15)
56.5kg (1-0-1-0)
57kg  (0-0-0-6)
57.5kg (0-0-0-4)
58kg以上(1-0-2-6)

前走から斤量減の軽ハンデの穴馬の好走が
目立っています。

前走から斤量増だった馬は8頭が馬券になって
いますが当日4番人気以内の人気サイド。



■ [枠番の傾向]

1枠(1-0-3-10)
2枠(0-2-1-14)
3枠(1-1-2-13)
4枠(1-2-1-15)
5枠(3-1-0-16)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-0-1-19)
8枠(3-3-0-15)


正面スタンド前、4コーナー付近からスタート。
スタート後の直線は長く、枠による有利不利は
それほどないコースですね。

■ [前走距離の傾向]

1600m(1-1-0-23) 4.0% 8.0% 8.0%
1700m(0-0-1-1) 0.0% 0.0% 50.0%
1800m(2-2-3-32) 5.1% 10.3% 17.9%
2000m(7-7-6-61) 8.6% 17.3% 24.7%

■まとめ
==================
 
過去10年の京成杯では差し馬の好走が目立ちますが、
中山芝2000mは先行馬に有利なコース。
頭数も少ないので
 

 親父の予想はレース当日にお届けします。

 現時点の注目馬は こちらで掲載しています。
 ご参考に


三連単・三連複(競馬)ランキング


最強競馬ブログランキングへ



この記事へのコメント