東海S(G2) 傾向を探る

東海S(G2) 傾向を探る

こんにちは

孤独の馬券親父です。
今日は東海Sの過去傾向を見ていきたいと思います。


2019年1月20日1回中京2日目
第36回東海テレビ杯東海S(G2)中京ダ1800m 4歳上 別定



■ [人気別の傾向]

1番人気 (4-0-2-0)
2番人気 (0-1-0-5)
3番人気 (0-1-1-4)
4番人気 (2-0-0-4)
5番人気 (0-0-0-6)
6番人気 (0-0-1-5)
7~9人 (0-2-1-15)
10人以下(0-2-1-33)

1番人気の信頼が非常に高い。

ただ、2着以下は人気薄を狙うのが必要。

■ [着順人気と配当の傾向]

    馬連  3連複 着順人気
2013年/6030円・4430円(4-8-1)
2014年/ 680円・5670円(1-3-8)
2015年/6610円・7690円(1-9-3)
2016年/1290円・1120円(4-2-1)
2017年/12560円・88830円(1-12-10)
2018年/4260円・14690円(1-13-6)


■[単勝オッズの傾向]

1.0~1.9倍 (2-0-0-0)
2.0~2.9倍 (2-0-1-2)
3.0~3.9倍 (0-1-1-0)
4.0~4.9台 (0-0-1-2)
5.0~6.9倍 (2-0-0-3)
7.0~9.9倍 (0-1-0-2)
10.0~14.9倍(0-0-0-8)
15.0~19.9倍(0-1-0-4)
20.0~29.9倍(0-0-1-9)
30.0~49.9倍(0-1-1-13)
50.0~99.9倍(0-1-1-8)
100倍以上  (0-1-0-21)

単勝は7倍以上の勝ち馬は出ていない。
相手は穴馬が多い。


■[馬齢の傾向]

4歳 (1-0-1-10) 8.3% 8.3% 16.7%
5歳 (3-3-3-10)15.6% 31.6% 47.4%
6歳 (1-0-2-24) 3.7% 3.7% 11.1%
7歳上(1-3-0-28) 3.1% 12.5% 12.5%


馬齢別では、5歳馬が好調。
7歳以上でも活躍していますが当日10番人気以下
は絡んでいない。

■[性別の傾向]

牝馬  (0-0-0-3)
牡・セン(6-6-6-69)


牝馬の実績は今はありませんね。





■まとめ
==================
 
1番人気は6年連続で馬券内、相手には穴馬。
7歳以上で当日10番人気以下、前走6着以下が
苦戦傾向にあります。
ローテ別では重賞だった馬、特に東京大賞典と
チャンピオンズCからのローテに注目。
前走OP特別や1600万下も好走馬あり。

 

 親父の予想はレース当日にお届けします。

 現時点の注目馬は こちらで掲載しています。
 ご参考に


三連単・三連複(競馬)ランキング



最強競馬ブログランキングへ



この記事へのコメント